岩手看護専門学校 岩手看護高等専修学校



学校案内

ごあいさつ
岩手看護専門学校
岩手看護高等専修学校

校 長 小川 英行


本校は、昨年、創立120周年を迎えました。「盛岡市先人記念館」に顕彰されている三田俊次郎先生によって、明治30年(1897年)、「私立岩手病院(現・岩手医科大学附属病院)」に「私立岩手産婆看護婦養成所」として併設されたのが始まりです。
 わが国に「ナイチンゲール産婆・看護婦学校」倣った学校が出来始めた頃で、北海道・東北地区では本学が最初でした。岩手の医療環境の貧しさを憂い、進取 の気概にあふれた三田俊次郎先生は、その後も次々に医療・教育施設を造られ、本県唯一の医師養成機関、「岩手医科大学」の設立もなさいました。
 本校の建学の精神は、「誠の人の育成」です。誠という言葉は、紀元前の中国が起源ですが、わが国では江戸時代に武士の間に広まりました。嘘偽りのないこと、親切で欺かないこと、いわゆる誠実であることで、最高の倫理規範とされたものです。
 その後も大きな社会変動を重ねましたが、この言葉の大切さは、いつの時代でも変わることなく今日まで続いてきました。皆さんは看護の勉学と実習を通じて、人間形成に努めることが求められています。
 皆さん方の教育に当たるのは、本校の教員のほかに、岩手医科大学の多くの教職員の方々をはじめ岩手大学等のそれぞれの分野で卓越した教育実績と研究業績を残しておられる先生方です。また、カリキュラムの中心である「臨地実習」は、最新の医療設備と先端の医療技術を備え、そして「特定機能病院」でもある「岩手医科大学附属病院」で行わせてもらっています。
 何事も最初に学んだことが将来に決定的な影響を持つと言われています。長い看護教育の伝統を持ち、最高の看護教育環境を備えた本校で皆さんがぜひ学ばれ、優れた看護師へと羽ばたかれることを切に期待しています。
校 訓
本校は、開校以来一貫して創設者 三田俊次郎先生の『誠の人』の育成を建学の精神とし、愛と奉仕の精神にもとづいた豊かな感性を養い、幅広い教養を手堅く確実に身につけ、また人の和を大切に相手の立場を考え行動するという教育の理念を掲げております。
 そして、校旗は教育理念を図案化し作成されました。地色の古代紫は『誠』を、紅は『愛と奉仕』を、黄は『堅実』を、緑は『寛容』を象徴しております。

教育理念
人間愛に基づいた豊かな人間性を養い、専門的知識、技術を修得し、看護の援助を必要としている人々に、看護を提供し、もって、人間の健康及び福祉の向上に貢献できる看護師・准看護師を育成する。
教育の目標
  1. 人間愛に基づいた豊かな人間性と高い感性を養う。
  2. 常に自己成長を目指し、社会の変化に対応できるよう効果的・継続的・自主的に学習する習慣を養う。
  3. 人々の健康上の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた基本的な判断力・問題解決能力・看護実践能力を養う。
  4. 健康の保持増進、疾病予防と治療、社会復帰への支援、ターミナルケア等、健康の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉制度を総合的に理解し、社会資源を活用できる基礎的能力を養う。
  6. 看護専門職として責任感・使命感・倫理感を養う。
沿 革
本校は、創立者である三田俊次郎先生が岩手県の医療の貧困を憂い、医師養成、看護婦養成の必要性を感じ、これに情熱をそそぎ、明治30年4月に岩手医科大学附属病院の前身である岩手病院を創設し、それに併設して東北地方では最初の看護婦養成所として設立しました。  本校は、創立者三田俊次郎先生の『誠の人』の育成の建学の精神が歴代校長によって継承され、愛と奉仕の精神をもって、誠意を尽くして病める人々のために看護の提供ができる人材の育成につとめています。  明治30年に創立以来110有余年の長い歴史と伝統を有し、7,500余名の卒業生を世に送り出し、これらの卒業生は県内はもとより全国各地で素晴らしい活躍をしています。
年 表
明治30年4月
三田俊次郎先生により私立岩手病院(現 岩手医科大学附属病院)を創設、併設して「私立岩手産婆看護婦養成所」を設立

33年4月
岩手産婆学校設立

41年4月
「岩手産婆学校・岩手看護婦養成所」を「岩手産婆看護婦学校」に校名変更

昭和25年12月
「岩手産婆看護婦学校」を「岩手看護婦学校」に校名変更(保健婦助産婦看護婦法公布によるもの)

26年3月
岩手産婆看護婦学校廃校

28年4月
岩手准看護婦学校設立

34年4月
岩手看護婦学校を「岩手高等看護学院」に校名変更

42年4月
岩手高等看護学院に「別科:進学コース(夜間)」を開設

51年4月
岩手高等看護学院を「岩手看護専門学校」、岩手准看護婦学校を「岩手看護高等専修学校」校名変更(学校教育法の改正によるもの)

平成9年4月
創立100周年記念講堂兼体育館落成、記念誌「100年の歩み:砂丘を越えて」上梓

平成29年4月
創立120周年「120周年記念誌」編纂中

教育内容
本校の教育内容は、高齢化の進展、医療の高度化、福祉活動の需要等の社会的ニーズに対応し、看護も幅広い領域で、人々の健康及び福祉の向上に貢献できる人材の育成を目指し、構築しております。
主たる実習病院は、岩手医科大学附属病院です。
その他、保育所、福祉施設においても臨地実習を行います。
保健・医療・福祉にわたる広い視野にたって、科学的思考を基盤とした看護の実践力、高い見識、幅広く深い教養、豊かな人間性を養う学習指導を行うと共に、校訓『愛と奉仕の精神の涵養』に則り、ボランティア活動にも力を入れております。
実施施設
  • ●岩手医科大学附属病院(循環器医療センター含)
  • ●三田記念病院
  • ●中津川病院
  • ●南昌病院
  • ●盛岡病院
  • ●川久保病院
  • ●もりおかこども病院
  • ●栃内病院
  • ●栃内第二病院
  • ●盛岡つなぎ温泉病院
  • ●黒川産婦人科医院
  • ●産科婦人科吉田医院
  • ●聖光保育園
  • ●アケボノ保育園
  • ●大新保育園
  • ●南仙北保育園
  • ●こずかた保育園
  • ●北松園風の子保育園
  • ●本宮保育園
  • ●山岸和敬荘
  • ●青山和敬荘
  • ●浅岸和敬荘
  • ●敬愛荘
  • ●村井産婦人科医院
  • ●みうら産婦人科内科医院
  • ●訪問看護ステーションありがとう
  • ●訪問看護ステーションやはば
  • ●たぐち訪問看護ステーション
  • ●在宅総合センターひだまり
  • ●岩手県看護協会立盛岡訪問看護ステーション
  • ●内丸病院訪問看護ステーション     他